〒453-0835
名古屋市中村区上石川町3-10

TEL.052-411-6001


名古屋/中村区/小児科/夜泣き/睡眠障害/赤ちゃん/幼児/休日診療

ホームお知らせ医師のご紹介当院のご案内交通案内初診の方へ診療案内

発達障害(遊び・療育)

Contents Menu




当日の順番受付予約用QRコード

QRコードをスキャンしてご利用下さい



 

左のQRコードを読み込んでいただくと、携帯サイトがご覧いただけます。

HOME»  診療案内»  発達障害(遊び・療育)

遊びは子どもの発達の栄養分

おもちゃ

想像力が育ちます

遊びの中で想像力を膨らませ、自由にのびのびします。つみきの一片を車に見立てて
ブーブーと動かします。自分が見たものを思い出し再現しています。
それは、子どもの意識の時間軸が過去にまで広がったこと、イメージを形成する力、
表象・象徴を獲得したことを表します。 

自己肯定感が増します

遊びは大切な生活体験です。普段味わえない魅力に満ちています。日常からさえぎられ
安心できる空間です。
そこで、認められ大切にされた体験が自分は存在してもよいのだという自己肯定感を
育みます。

人との関わり方を学びます

鬼ごっこはルールに従わないと楽しめません。ルールを覚えることで、人と関わる面白さや自信を感じます。友達とのごっこ遊びは我慢すること、コミュニケーションすることを学びます。
まさに遊びは子どもにとって最も良い「お薬」です。

 
遊び
 

発達障害児への療育 -当院の基本的な考え方-

「こうした方がいいよ」と教える

幼児期に「こうした方がいいよ」という望ましい行動を、一人ひとりの特徴に合わせるようにして教えます。そうすることで子どもの振る舞いが良くなり、保護者の育てにくさや回避感情、気持ちの落ち込みを少なくすることが基本です。

努力をほめる

発達障害の特性から、気になる行動が目立ちます。衝動的だったり、ことばや反応の乏しさだったりさまざまですが、ただ注意するだけではできるようになりません。そればかりか、親子関係が悪くなります。
「こうしたらうまくいくよ」というコツを教えることが大切です。日常生活やコミュニケーションのスキル(技術)を身につける練習をします。その子がちょっとだけ我慢したときや、やろうと努力した(けどできなかった)瞬間を、見逃さないでほめるようにしましょう。保育園・幼稚園や学校の先生にもお願いして、環境調整をしてもらうだけでも過ごしやすくなります。

良い親子関係を

子どもは大人から暖かく見守られていると、実感すると大人の期待に応えてくれます。大人を信頼して良い関係が築けます。

就学ころまでに

遅くとも小学校低学年頃までに介入を始めたほうがうまくいくようです。発達障害は医学的・生物学的な問題です。放っておけば不適応行動が増えるばかりです。対応が後手に回ると、なによりも本人がもっとも困ります。

療育
 

ソーシャルスキル・トレーニング

社会性の学び

子どもは遊びを通して社会性を身につけます。
特にゲームはルールがあり、役割を交替したり、ことばでコミュニケーションをとったり、相手の考えていることを考えたりと、社会的場面で必要なスキル(技術)の要素がたくさん入っています。
ソーシャルスキルトレーニング(社会生活技術訓練)に最適です。

友達を作ろう

ルールは目に見えない約束事です。
分からない子には、実際にやって見せます。衝動的で守れない子には、勝ち負けを強調しないなどの工夫をします。
友達と楽しく遊んだ体験を重なることで、ソーシャルスキルが身につきます

ゲーム