〒453-0835
名古屋市中村区上石川町3-10

TEL.052-411-6001


名古屋/中村区/小児科/夜泣き/睡眠障害/赤ちゃん/幼児/休日診療

ホームお知らせ医師のご紹介当院のご案内交通案内初診の方へ診療案内

夜尿症

Contents Menu




当日の順番受付予約用QRコード

QRコードをスキャンしてご利用下さい



 

左のQRコードを読み込んでいただくと、携帯サイトがご覧いただけます。

HOME»  診療案内»  夜尿症

夜尿症のタイプ

夜尿症は3つのタイプ 多尿型、膀胱型、混合型に分類されます。

治療のためにはどのタイプなのかを決める必要があります。
そのために以下の検査をします。
① 早朝尿を3日間持ってきてもらいます。比重と浸透圧を測るためです。
② 夜尿量と早朝尿の量を測ります。
③ 1回ごとのおしっこの量を24時間量ります。
④ おしっこをしたくなった時に目一杯我慢したときの尿量を測ります。
⑤ 夜尿の時間帯を大まかに調べます。

それらの結果を参考にして、その子に合った治療法を考えます。
ご心配な方はご相談ください。

夜尿症の治療

アラーム療法と薬(デスモプレシン)があります
夜中にたくさん尿ができてしまう夜間多尿型にはデスモプレシン療法が勧められます。
それ以外の患者さんにはアラーム療法が第一選択です。

ラーム装置 アラーム療法の治療成績
アラーム療法は約2/3の患者さんに有用です。薬で効果がない場合でも、アラーム療法が効くことがありますので、一番のお勧めです。
医学的副作用はありません。

欠点として、治療効果を実感するまでに6~8週間ほどかかります。
夜尿に伴うアラーム音で保護者が起きて処置しなければならない手間があります。
機器に保険がきかないので買わなければなりません。

当院はアラーム製品の見本を用意して取り組みやすくしています。一度試してみたい方はご相談ください。

(参考)日本夜尿症学会編 夜尿症診療ガイドライン2016