〒453-0835
名古屋市中村区上石川町3-10

TEL.052-411-6001


名古屋/中村区/小児科/夜泣き/睡眠障害/赤ちゃん/幼児/休日診療

ホームお知らせ医師のご紹介当院のご案内交通案内初診の方へ診療案内

感染症

Contents Menu




当日の順番受付予約用QRコード

QRコードをスキャンしてご利用下さい



 

左のQRコードを読み込んでいただくと、携帯サイトがご覧いただけます。

HOME»  診療案内»  感染症

インフルエンザ

ポイント

インフルエンザは生来健康な小児にとって予後のよい疾患です。しっかり休養し必要な対症療法をすれば治癒します。熱は1日だけのことが多いのですが、2峰性の場合もあります。不幸にして重症化する患児もいますが、それを初診で見極めることは困難です。
インフルエンザ迅速検査は熱がでてから一定時間経たないと正しく判定できません。12時間経つと、より正確です。できるだけ半日くらい様子を見てから受診してください。結果が陽性でもインフルエンザでない場合もあり、これを偽陽性といいます。
高熱のときに、無いはずのものが見えたりするおかしな言動を熱せん妄(もう)といいます。一瞬の手足のふるえは熱しんせんといい、けいれんではありません。 インフルエンザ脳症の初期に見られる 異常行動は、熱せん妄との区別が難しいです。異常行動が長く続き、意識状態の悪化やけいれんを伴うときは要注意です。

抗インフルエンザウイルス薬に関する学会などの見解

(1) 日本小児科学会
タミフルは重症化リスクが高い患者には投与が推奨されるが、季節性インフルエンザ患者全例に投与すべきではない。小児に多い中枢神経合併症には、抗インフルエンザ薬は必ずしも期待できない。
(2) コクランレビュー Cochrane Database Syst Rev. 2014 Apr 10;4:CD008965
タミフルの効果は有熱期間の短縮のみで、肺炎などの合併症を減らす効果はなかった。
(3) コクランチームから欧州疾病予防コントロールセンターへのコメント 2016.3.13
人はもともと体内にノイラミニダーゼを持っている。ノイラミニダーゼ阻害剤は、服用した人の体内のノイラミニダーゼ作用を阻害することにより、免疫システムや代謝系、腎臓、心臓、神経細胞などさまざまな細胞の機能を阻害する。タミフルには中枢神経系の抑制作用と刺激作用がある。それが異常行動や呼吸抑制に伴う突然死が生じうる要因である。(「薬のチェックTIP」2016;16(65):66)
(4) NPO医薬ビジランスセンター
タミフルは 発熱を1日短くして回復を早める効果が証明されていますが、脳症の予防効果は証明されていません。副作用として、免疫抑制による発熱期間の短縮、呼吸抑制による低酸素や意識障害、異常行動による事故死などが指摘されています。(「正しい治療と薬の情報」2014;29(6):94  「薬のチェックTIP」2016;16(66):90)

抗インフルエンザ薬に関する当院の考え方

   < タミフル >
10代の未成年には処方できません。
赤ちゃん(0歳児)への使用が2016年11月に承認されました。投与量が欧米に準じたので、1歳児の1.5倍量となります。
1歳から9歳までのインフルエンザ患児でも全例に使用すべきというわけではありません。 子どもさんの容態とその後の経過、ご家族の希望、副作用の可能性を考慮して判断します。現実的対応は、タミフルを飲んだ日と翌日はお子さんを一人にしないことです。
   < リレンザ >
上手に吸入できる子に使いますので、目安として5歳以上です。副作用はタミフルよりも少ないので、吸入できる年齢の子にはリレンザをお勧めします。牛乳アレルギー患者さんでのアナフィラキシーが1例報告されています。

ノロウイルス胃腸炎の予防

新型ノロウイルスが広がり始めています

新型はGⅡ・17 といい、今までのGⅡ・4 に取って代わりつつあります。多くの人に免疫がなく感染拡大が心配です。

 

予防の基本は手洗い

ノロウイルス胃腸炎の予防

衛生的手洗いとは流水と石鹸で30秒以上洗い、ペーパータオルで乾燥させることです。

 

吐物の処理は

患者さんの吐物やふん便にはウイルスが入っています。感染力が大変強く、10~100個という少量のウイルスで感染するので、以下の注意が必要です。
始末するときは手袋とマスクをして下さい。吐物は新聞紙で覆ってから拭き取ります。それをビニール袋に入れしっかり縛って捨てます。拭き取ったあとの床はその消毒液をしみこませたタオルで拭き取り、それも密封廃棄します。
汚染された衣類は、0.02%塩素系漂白剤で10分以上消毒してから洗濯します。

 

調理で気を付けることは

食品は中心温度85℃以上で1分以上加熱します。
調理器具は洗浄した後に0.02%塩素系漂白剤で10分以上、あるいは85℃以上の熱湯に1分以上浸します。よく乾燥させてからしまいます。